離婚と年金分割の方法と相談

離婚原因によって年金分割できないこともあるの?

離婚したときに年金分割をするための条件は、「2007年4月以降の離婚であること」「夫婦の合意または裁判所の決定があること」「離婚してから2年以内に請求すること」となっていますので、離婚原因のある方への分割ができない、ということはまず無いでしょう。


しかしながら、相手が気持ちよく認めてくれればよいのですが、認めない場合には家庭裁判所に分割請求の訴えを起こすことになります。裁判に発展した場合は、離婚原因のある方への分割は認められない可能性があります


2008年4月からは年金分割の第二段、離婚時の第3号被保険者期間についての厚生年金の分割制度が始まります。この制度では2008年4月以降の婚姻期間に支払われた厚生年金などは、夫婦間の合意がなくても一方の請求により自動的に分割することができます。この制度を利用する場合は、離婚原因に関わらず年金分割を受けることができるでしょう。ただし2008年4月以降に支払う年金にのみ適用されますので、今後早い時期の離婚を考えている場合には、分割される金額はわずかです。

年金分割が認められた後に再婚した場合などに、分割で得た権利がなくなることはありません